本文へスキップ

  Exciting.RC.Show

REPORTリポート

2011V1EXTREMEシリーズ

ROUND1

ROUND2

ROUND3

ROUND4

 
8月28日

V1EXTREME 2011ROUND3が開催されました。

本来であれば前日の27日からのリーガルクラスとの併催の予定でしたが、
あいにくの悪天候の予報等にて中止とし、単独開催となりました。

当日は予報を完全に覆し、朝から快晴
参加選手からは笑顔がこぼれます。



そして今回展示車両は3台

Guild.n.one様 セリプラ

team一心・番長withフォルム 飯田 真司様 マークU 

そして故黒井さんのワンビア


さて今回、夏といえばエビス

そんなわけでラウンド3はエビス南風



なんといっても見どころは最終シケインからストレートの飛び出し区間ではないでしょうか。





ここの飛び出しが出来を決めると言っても過言じゃないといえます。





このエビスコース、抜群の単走を見せたのが「仙台親方」

ギャラリーの皆さんや選手から歓声が!!

文句なし1位通過



そのほかに違う意味で!? 大歓声を受けたのが「とつぐのTOMMY」



その様子はDVDをお楽しみに♪


さらに盛り上がったのが敗者復活「男の1本勝負」

これは会場全体が固唾を飲む凄いことに!!



一人足りないような・・・




ここからはいよいよメインイベントでもある追走トーナメント

このラウンド、上位勢も波乱が起き顔ぶれがかなり違うという展開に




そのことでかなり見応えある追走ばかりでしたね。



そんな追走トーナメント

かなり凄かったのが「カズキ」vs「タカヒロ」



幾度となくサドンデスを繰り返す名勝負となりました。





そして迎えた決勝

2人とも東北、仙台出身 「仙台親方」vs「アッパー」



やはりいろいろあったことを考えると感慨深いものがあります。

ですが、今大会1番元気ある激しい追走を繰り広げ「東北魂ここにあり」を見せつけてくれました。



で終わってみたら今回、東北勢の圧勝でした。

1位「アッパー」

2位「仙台親方」

3位「カズキ」




そしてコンデレは車両展示もしてくれた飯田選手に選出してもらいました。

 

「カズキ」選手 「とつぐのTOMMY」選手


さていよいよシリーズも終盤

ランキング争いも熾烈に。

このままおとなしく引き下がる関東勢ではないと思いますので次戦も激戦必死ですね。

次戦は10月か11月を予定しています。




次回もみなさんのご参加をお待ちしています。